2月2日(土)
(17日目/残り14日)

*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************
 
朝、小雨。こういった日は暖かい。
昨日畑で、コンクリの固まりに後輪をひっかけ、パンクしてしまい
タイヤ屋さんへ、
さすが餅は餅屋、あっという間に直してくれた。感謝
で、畑に戻り、剪定の続き
午後は、支援をお願いしている方のところで、現状の説明と
どんな事に使い、どの位の資金が必要なのか
どれだけ集まっているのかを説明しながら、不足金額についての
調達をお願いする。
「支援者の方のネットワークを使って、なるたけ早く動いてくれる
との事に、大きな感謝
さらに申し訳なさと、責任の重さと、
さらに少しづつでも状況が前向きに変化してゆく喜びを感じる。

帰りがてら、甲府市内のお店を回り、賛助会員募集のチラシを置いてもらう。

まだ日が沈むには早いので、畑に。1時間で2本仕上げるペース。あと1日で
この畑は仕上がるかな?

市川の親父より電話あり、講演会の関係で連絡。夕方、ハウスをチェックして薪ストーブを見に行ったのちに、畑で落ち合う。

この間、うちの農場スタッフ平野さんが、市川さんと全国農民会議の会合で福島に行ってきたのだけれど、今度山梨で、飯舘村の酪農家だった長谷川健一さんを招いて、講演会を実施するとのこと

ちょうどそのチラシが出来あがったのだ。

2月24日(日)
13:00〜16:30まで
県立国際交流センターにて
資料代として500円(高校生以下無料)

問い合わせ先は、090-9347-3621 今村さんへ

ということなので、ぜひお時間ありましたらご参加を
うちのNPOも呼びかけ人の中に入ってますので
チケット言っていただければ確保します

飯舘村のソトにいて、ソトから行動を起こした私と
飯舘村のナカから、今も行動している長谷川さんと

どのように想いに違いがあり
どのように想いが同じなのか、ぜひとも言葉を交わしたいと思ってます。

ついでに賛助会費も徴収ありがとうございます。

夜、支援者より電話あり
自分が他人に貸しているお金があるので、それが戻ってきたら
NPOに融資することも可能だと
前提は自分のところに戻ってくればの話ではあると念を押されたけれど

少なくとも私がこうして書きこむアクションが
今までより大きく動いて行くのを感じる。

「ファンドレイジングは頭(あたま)を下げて人からお金を集めるのではなく」

「誇りをもって、社会のためにお金を回していくために、人の志に頭(こうべ)を垂れる仕事」

そんなかっこいい仕事の中で、とってもかっこいいお金の使い方を提案されて
改めてその人の器量の大きさを知り
ファンドレイジングの醍醐味をほんの一端でも感じる事ができました。
本当にありがとうございます。

ぜひあなたも、そんなかっこいい人になってみたくありませんか?
わたしも、がんばってたくさんのお金が、地域に回っていくようにして
かっこいい支援が出来るといいなと思ったのでした。
2月2日(土)
(17日目/残り14日)
朝、小雨。こういった日は暖かい。
昨日畑で、コンクリの固まりに後輪をひっかけ、パンクしてしまい
タイヤ屋さんへ、
さすが餅は餅屋、あっという間に直してくれた。感謝
で、畑に戻り、剪定の続き
午後は、支援をお願いしている方のところで、現状の説明と
どんな事に使い、どの位の資金が必要なのか
どれだけ集まっているのかを説明しながら、不足金額についての
調達をお願いする。
「支援者の方のネットワークを使って、なるたけ早く動いてくれる」
との事に、大きな感謝
さらに申し訳なさと、責任の重さと、
さらに少しづつでも状況が前向きに変化してゆく喜びを感じる。

帰りがてら、甲府市内のお店を回り、賛助会員募集のチラシを置いてもらう。

まだ日が沈むには早いので、畑に。1時間で2本仕上げるペース。あと1日で
この畑は仕上がるかな?

市川の親父より電話あり、講演会の関係で連絡。夕方、ハウスをチェックして薪ストーブを見に行ったのちに、畑で落ち合う。

この間、うちの農場スタッフ平野さんが、市川さんと全国農民会議の会合で福島に行ってきたのだけれど、今度山梨で、飯舘村の酪農家だった長谷川健一さんを招いて、講演会を実施するとのこと

ちょうどそのチラシが出来あがったのだ。

2月24日(日)
13:00〜16:30まで
県立国際交流センターにて
資料代として500円(高校生以下無料)

問い合わせ先は、090-9347-3621 今村さんへ

ということなので、ぜひお時間ありましたらご参加を
うちのNPOも呼びかけ人の中に入ってますので
チケット言っていただければ確保します

飯舘村のソトにいて、ソトから行動を起こした私と
飯舘村のナカから、今も行動している長谷川さんと

どのように想いに違いがあり
どのように想いが同じなのか、ぜひとも言葉を交わしたいと思ってます。

ついでに賛助会費も徴収ありがとうございます。

夜、支援者より電話あり
自分が他人に貸しているお金があるので、それが戻ってきたら
NPOに融資することも可能だと
前提は自分のところに戻ってくればの話ではあると念を押されたけれど

少なくとも私がこうして書きこむアクションが
今までより大きく動いて行くのを感じる。

「ファンドレイジングは頭(あたま)を下げて人からお金を集めるのではなく」

「誇りをもって、社会のためにお金を回していくために、人の志に頭(こうべ)を垂れる仕事」

そんなかっこいい仕事の中で、とってもかっこいいお金の使い方を提案されて
改めてその人の器量の大きさを知り
ファンドレイジングの醍醐味をほんの一端でも感じる事ができました。
本当にありがとうございます。

ぜひあなたも、そんなかっこいい人になってみたくありませんか?
わたしも、がんばってたくさんのお金が、地域に回っていくようにして
かっこいい支援が出来るといいなと思ったのでした。