a2f8e4d8.jpgブドウも残りわずかとなり、あんまり残しておくと樹の為に良くないので、まとめてゆくことにしております。で、今年は(意図的に)ベリーAを残して、これをベースにジュースにすることにしたんです。本来ジュースを作るには、600Kとか1トンとかの果実が必要ですが、小野洋らん果樹園は多品種少量生産ですから、そんなに一品種でそろえられません。こないだから甲府善光寺の富岡農園さんで、ジュース製造の委託加工をお願いしてますが、こちらも100k以下では搾れない(ことはないが、面倒たいへん)なので、ここは少量でジュースを搾る可能性について、ジャムづくりで使っている加工場の設備でジュース化!について挑戦してみることにしたのだ。ちなみにジュース作りには、清涼飲料水の製造許可が必要で、保健所に問い合わせたところ、色々なハードルがあります。だから現状の加工場で加工した果汁はそのままでは販売できません。まあ将来は加工場でもジュース製造が可能なように挑戦はしますけどね。