6df69785.jpg
17・18・19日と家族でお出かけしてきました。
ようやく桃も終了して一休みというのと、火事で再建した家がようやく形になりそうなので、神社にお礼のお祓いに。でかみさんとしては、日本で一番古い神社らしい、奈良の大神神社へ行こうということになったんですが、
 神棚にお札をお供えする場合、真ん中、左右と配置するお札が決まってるみたいなんですね。で、真ん中に位置するのが、天照皇大神(お伊勢さま)向かって右が氏神様、左が崇敬神社(要するに自分の信心する神社だよね)の順に安置するらしい。で、地鎮の際に、大神神社からお清めしてもらったお砂と、お札があったんだけど、真ん中にはやはりお伊勢さまだっ!ということなので、2泊3日お伊勢さんー奈良の大神神社めぐりツアーと相成ったわけです。
で、早朝出発して、わたしゃ途中でうとうとしかけたので身の危険を感じたかみさんが途中で交代して、お昼前くらいに、お伊勢さんに到着しました。感想といえば、気が見事で、五十鈴川が清らかで、日本人でよかったという感じです。神道というのはあんまり気にしないし、信心しているという気はしないのですが、何々何食わぬ顔をして、日本人の中に住み着いてる感じですね。で、末っ子は広い境内をだましながら歩かせてましたが、どうにもならなくなって、にいちゃんをおだてて交代でおんぶさせました。参拝を済ませたかみさんの関心は、早くも松坂〜に移ってましたけどね。
私の関心はお財布の重みをいかに維持するかだけですけど。餓鬼どもに食わせる和牛なんぞあるか〜