南アルプスさくらんぼ狩りネットファーマーズログ

ねっとふぁーまーずログは山梨県南アルプス市で、さくらんぼ狩り観光、スモモ、もも、ぶどうなどのくだものを栽培するネットファーマーお百姓さんのあれこれです。

小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ

2013年02月

30日で3000万円資金調達(30日目)

2月15日(金)
(30日目 残り1日)

*********************

こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


朝から小雨、まあ雪でなかっただけ良し。朝一で、メールチェックと、賛助会員への参加お願い、その後ハウスの見回りと薪補充。本格的に降る前にと、今日もさくらんぼの剪定を行う。
その後雨脚が強くなってきたので断念して、加工場で打ち合わせを行いながら、決算の伝票整理に、連絡事項の打ち込み、お昼前に果樹園の方の決算書類の事で母親とパソコンの調整。

私募債の書類を発送しようとしたけれど、今日はとても時間が取れませんごめんなさい。最終日という事で、入金来週でいいですかとか、とりあえずの参加表明が相次ぎ
感謝。

新聞社より、私募債についての問い合わせが入る。山梨日日新聞は私募債関連で掲載してもらえそうな話。とはいえキャンペーン終わったあとなのですけどね。

本日現在の私募債の引き受けを承諾いただいたのが21口となりました。感謝
今月末までにもう少し増やせるようこちらは続ける予定です。なんとかしてあげようというかた、まだ大丈夫です。ご協力下さいませ
 21口x10万円で210万円

賛助会費については、
去年からの継続関係で確約分75口
NPOのネットショップ経由でお申し込みが22口
参加表明者のうち、入金済みの方や、継続の方以外の分で31口
ジャストギビングのサイト経由の寄付者分が7口
ということで、夜23時現在で確認分が135口になりました。感

3000円x135口で 405,000円

あと匿名寄付500ドル

また、年度末支払いのための資金調達として短期借入金を支援者か
160万と200万の計360万円を確保しています。

これで、約610万円が調達できました。ありがとうございます。
このような短期間に資金調達が出来たのも賛同していただけたあなたのおかげです。
これからその志をうけて、実現可能な未来のために使わせていただきます。

資金調達としてはさらにNPO本体の販売収入として
マルシェ関係が30日間のうち9回で42万
十日市祭典販売収入が10万
お菓子とプリンの売り上げが30万

これにジャムの売り上げと
農産加工委託のピューレ分がある程度わかると
30日間の資金調達総額が出てくると思います。
今の段階の概算では約700万のファンドレイジングとなります

目標3000万に対し約25%の達成率となります。

そのほかこの期間中に応募した助成事業や委託事業提案があります
こちらは、もう少し後にならないと結果がわかりませんので、お楽しみですね

引き続きファンドレイジングは実施いたしますが、
30日のキャンペーンはこれでひとまず終了と致します。
なにしろ、今月末までにNPOの決算をすませ確定申告しなければなりません。

さらに、剪定しなければならない畑もたくさん待っているのですか
昼は畑・夜はキーボード生活はしばらく続く事でしょう。

参加表明いただいた方へは、御連絡してこれから入金をお願いする事になりますのでご協力下さい。3000円の投資に見合うだけの、素敵な夢を実現できるのか?
遊休農地を活用したビジネスモデルで
「こんな使い方があったのか、やりやがったな」と思ってもらえるように今年もがんばります。今回お付き合い頂いた方にはなるたけ定期的に今回のお金の使われ方を報告しながら、活動を見て頂けたらと思っていますのでお楽しみに

ある程度額が確定しましたらまたアップいたしますが、取り急ぎご報告まで

30日間にわたるイベントにお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

こちらの書き込みに関しては、理事長小野隆のブログ
ねっとふぁーまーずログ
http://blog.livedoor.jp/axe/archives/cat_50026944.html

に転載しておきますので、お暇な時に眺めて頂けると幸いです。願わくば、NPO法人のファンドレイジング計画の際の参考になれば幸せです

NPO法人南アルプスファームフィールドトリップ

理事長 小野 隆

30日で3000万円資金調達(29日目)

2月14日(木)
(29日目 残り2日)

*********************

こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

また明日が天気が崩れるという事で、朝は加工場で書類のチェックと打ち合わせを済ませた後、畑に向かいハサミとのこぎりをふるう。今日はさくらんぼ畑。大きくなった樹から先に、上向きの枝を切り下げていく。今日は午前中に、南アルプス市の6次化プロジェクト、交流部会の打合せが予定に入っているので、時間を気にしながらの作業。

南アルプス市は昨年、総務省の総合特区が認められ、交流6次化特区という事業を進めている。で、私はグリーンツーリズムを行うNPOの代表という事で、このプロジェクトの交流に関する部分の委員をしているんだけれど、どうやって、農業と、交流と、6次化を組み合わせるのかというのが大変な作業で、交流部会の方向性について打ち合わせを行った。もちろんこれらの事業が進んでいくと、当然、関係する私たちも大忙しになるのだから、計画段階で実施可能なものにしていく事が必要。
http://blogs.city.minami-alps.yamanashi.jp/koryu/

どんな形になるかは、もう少し先のお楽しみ。政治の動向も見ながら、チャンスがあればどんどん新しい事を進めていきます。

で、お昼ご飯の時間帯、午後も剪定しようかと思っていたのに、息子の中学から電話あり、体育のバスケの時間、ぶつかって転んだ際指の上を踏まれてしまったらしい。一応折れていないかお医者さんへということで、お迎え。幸い打撲で済んで良かったのだけれど、お医者さんってなんだかんだ時間かかるんですよね。夕方加工場で書類整理と支援者へのお願い連絡、あとはハウスの薪ストーブ補充

夜は去年の賛助会員の方を中心に、お願いの電話と、メール。ちなみにFACEBOOK
のメッセージによるお願いも行ったのですが、いきなり、警告が!

まあスパムメールみたいに何度もメッセージ流されたら困るものね、メッセージの機能は、関係者に内容をお知らせするのには向かない機能です。ちなみに、同じ文面を送っていたから警告が来たかと思いましたら、普通にメッセージのやり取りを続けていても、警告を受けましたので、あんまりチャットにハマるといけないのかもしれない?どなたか同じようにメッセージの使いすぎて警告きたかたいらっしゃいませんか

なんでも終盤に慌ててやるのは、学校の試験に限らず良くないようです。

30日で3000万円資金調達(28日目)

2月13日(水)
(28日目 残り3日)

*********************

こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

朝起きると、真っ白な世界、とはいえ、道路はまっくろ
ということは、それほど積もらなかったという事で、
まあ、ハウスの様子が心配なので様子を見に行き、薪ストーブに薪を補充する

本日は「自分の活動を共感してもらう方法」についてとても参考になった日だった
それはあとで述べるけれど

午前中賛助会員の申し込みを頂いた方のチェックを行いながら、ネット経由で申し込んだ方への連絡が間に合っていない事が判明。申し訳ありません。
スタッフに指示して、とりあえず賛助会員の会員証の発送作業が遅くなる旨
お伝えする事に、スタッフが具合悪いので休む連絡が入り、人のやりくりもしなければならなくなる。加工場も10年目に入り、あちこち修理が必要なところも入ってきて、気をつけながら仕事しなければならない機械もあるのだ、

天気は晴れてきたけれど、風が強い、

賛助会員の紹介者への連絡。私募債を引き受けて頂ける支援者への書類発送と並行して、ジャムやお菓子の発送業務も、

NPOのスタッフは、一つの仕事だけをしてもらうだけの余裕はないので、どうしてもかけ持ちが多くなってしまう。どうしても日常業務からはずれるこういった、ファンドレイジングみたいな仕事は、余計な仕事になってしまうので、ちょっと気を抜くと、結構ポカがでてしまう。反省

で、最初の話。

今日は午後から、3月1日に甲府のアピオで開催される「企業とNPO等との協働マッチングフォーラム」というイベントでプレゼンする団体向けのプレゼンセミナーがあり、うちのNPOは今回はプレゼンしないんだけれど、出展者説明もあるよということで、出席。今回の講師は立教大学の21世紀社会デザイン研究科の坂本文武さん。この方のNPOの方向けのプレゼン指南の講演がとっても面白かった。

ううむ、これ聞いてからファンドレイジングしたかったと思うようなこともちらほら

で、今回感心したキーワードとして
「NPOとは約束した未来を作ることで、支援者の共感という満足感を与える水商売」

これを未来プロデューサーというんだそうで、
ー匆颪量簑蟆魴茲紡个靴董■裡丕呂関わる事によって実現するであろう未来像を描き(ミッションともいう)
⊆,妨充造硫歛蠅筌法璽垢箸離ャップを埋め合わせる行動を、実現するためにどうやったらいいかという物語をNPOスタッフが構想し、
それに近づくため半歩先の未来に実施する手段・体制を築く

これがNPOの仕事で、このの実施する手段を担う役割を割り振る仕事が
「企画」と呼ばれるもので、この企画の配役が、NPOスタッフやボランティアさんであり、企画の運営資金をお願いする役が、助成金を出す行政だったり、協賛や協働してくれる企業であったり、寄付金や会費を出す市民の方だったりするということ。

その企画をわかってもらうための「プレゼン」するときの注意とし
〃誅世鮴茲
■永犬鮹擦30文字以内
なるたけわかりやすい言葉を使う

以上終了

ということだそうなのだ。

いやあ、みごとに今回のキャンペーンでの書き込み、ダメダメですね。

チラシも、くどくど長いし、わかりにくいし

あの今から30日戻しちゃダメですか・・・
ダメですよね

まあ、色々感心したって、動かなきゃ結果は付いてこないわけですから
今回はこれで良し!
本日含めあと3日間でどのくらい進歩できるかがんばりますです。
2月13日(水)
(28日目 残り3日)

朝起きると、真っ白な世界、とはいえ、道路はまっくろ
ということは、それほど積もらなかったという事で、
まあ、ハウスの様子が心配なので様子を見に行き、薪ストーブに薪を補充する

本日は「自分の活動を共感してもらう方法」についてとても参考になった日だった
それはあとで述べるけれど

午前中賛助会員の申し込みを頂いた方のチェックを行いながら、ネット経由で申し込んだ方への連絡が間に合っていない事が判明。申し訳ありません。
スタッフに指示して、とりあえず賛助会員の会員証の発送作業が遅くなる旨
お伝えする事に、スタッフが具合悪いので休む連絡が入り、人のやりくりもしなければならなくなる。加工場も10年目に入り、あちこち修理が必要なところも入ってきて、気をつけながら仕事しなければならない機械もあるのだ、

天気は晴れてきたけれど、風が強い、

賛助会員の紹介者への連絡。私募債を引き受けて頂ける支援者への書類発送と並行して、ジャムやお菓子の発送業務も、

NPOのスタッフは、一つの仕事だけをしてもらうだけの余裕はないので、どうしてもかけ持ちが多くなってしまう。どうしても日常業務からはずれるこういった、ファンドレイジングみたいな仕事は、余計な仕事になってしまうので、ちょっと気を抜くと、結構ポカがでてしまう。反省


で、最初の話。

今日は午後から、3月1日に甲府のアピオで開催される「企業とNPO等との協働マッチングフォーラム」というイベントでプレゼンする団体向けのプレゼンセミナーがあり、うちのNPOは今回はプレゼンしないんだけれど、出展者説明もあるよということで、出席。今回の講師は立教大学の21世紀社会デザイン研究科の坂本文武さん。この方のNPOの方向けのプレゼン指南の講演がとっても面白かった。

ううむ、これ聞いてからファンドレイジングしたかったと思うようなこともちらほら

で、今回感心したキーワードとして
「NPOとは約束した未来を作ることで、支援者の共感という満足感を与える水商売」

これを未来プロデューサーというんだそうで、
ー匆颪量簑蟆魴茲紡个靴董■裡丕呂関わる事によって実現するであろう未来像を描き(ミッションともいう)
⊆,妨充造硫歛蠅筌法璽垢箸離ャップを埋め合わせる行動を、実現するためにどうやったらいいかという物語をNPOスタッフが構想し、
それに近づくため半歩先の未来に実施する手段・体制を築く

これがNPOの仕事で、このの実施する手段を担う役割を割り振る仕事が
「企画」と呼ばれるもので、この企画の配役が、NPOスタッフやボランティアさんであり、企画の運営資金をお願いする役が、助成金を出す行政だったり、協賛や協働してくれる企業であったり、寄付金や会費を出す市民の方だったりするということ。

その企画をわかってもらうための「プレゼン」するときの注意として
〃誅世鮴茲
■永犬鮹擦30文字以内
なるたけわかりやすい言葉を使う

以上終了

ということだそうなのだ。

いやあ、みごとに今回のキャンペーンでの書き込み、ダメダメですね。

チラシも、くどくど長いし、わかりにくいし

あの今から30日戻しちゃダメですか・・・
ダメですよね

まあ、色々感心したって、動かなきゃ結果は付いてこないわけですから
今回はこれで良し!
本日含めあと3日間でどのくらい進歩できるかがんばりますです。

30日で3000万円資金調達(27日目)

2月12日(火)
(27日目 残り4日)

*********************

こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

本日は夕方から雪の予報という事で、また畑仕事が遅れます・・・
ということで、午前中は打合せを終えると速攻で畑へ、
スモモの棚栽培をやっていた畑を頼まれて仕上げているのですが今までの剪定の仕方が、どうやら、毎年その場しのぎのやり方だったらしく、枝がぐるんぐるんと回り込むやら方向があちこち飛んでいるやらで、樹の勢いを殺すという意味では役に立っているんだろうけれど、バランスは崩れまくっています。

こういうのは大手術になるのですが、あんまりばっさりやると本体が弱ってしまう恐れもあるので、とりあえず1本はめちゃくちゃすっきりして、もう1本は様子を見るみたいな形で切ってみます。

結局大木を2本仕上げるのがやっと、こんなペースでは春になってしまう

15日過ぎたら、畑に籠りますので探さないでくださいトホホ

午後はなんと夜まで、新しい公共事業の、コミュニティビジネス協議会の会議。今回は、NPOと企業や行政が支援したり、協働する際に、それぞれのNPOが発展していくステップが存在し、ステップごとに付き合い方が変わって来ると言う仮説のもと、それが実際に自分達の活動に当てはまっているのかを事例と共に解説を行う小冊子を出そうとしていまして、その編集会議やら、マッチングセミナーの打合せやらで、議論が白熱。自分の視点で考えていた私のNPOのビジネスモデルは、グリーンツーリズムと農産加工の組み合わせという事だと思っていたのだが、このステップに当てはめながら、外部の目から見てもらうと、実は南アルプスファームフィールドトリップという団体は、「遊休農地を使った、地域雇用を創出する事業モデル」だったのです。通常は、農地というのは、農産物を生産して販売する、生産事業というのが経済モデルなのですが、農地を(特に経済的な生産物生産に向かない遊休農地は)都市農村交流の場としてツアー会場として使い、コーディネータの雇用を産んだり、食育イベントのための生産農場として使い、食育体験や教育ファームとしての雇用を作ったり、出荷に向かない果実を、農産加工したり一次加工することで、雇用を作ったり、山羊や・牛に草を食べさせることで、草刈りをビジネス化させる雇用を産んだり、そのそれぞれの雇用の場を、障害者や、生活困窮者、ひきこもりになってしまった若者などに、社会問題の解決手法の一つとして、畑を使ったしごとづくりを行う。
なんか改めて、私は農産加工事業者ではなくて、この地域の農産資源を使った、新しいしごとの場を作るためのスタートアップ機関なんだなあと納得。
ちなみにこの視点は、http://empublic.jp/エンパブリックの広石さんからの指摘です。いつもありがとうございます。

そうなると、までい牧場という事業は、南アルプス市の遊休農地を牧場という経済活動の場にする事が目的ではなくて、南アルプス市の遊休農地で、福島から離れた場所に住む人でも、震災の復興や支援を考える事が出来たり、活動を行える場所づくりが可能な新しいしごとを作る事業なんだと思える。そこで新しいビジネスモデルが出来てうまくいけばそれはそれでいいし、までい牧場で新しい人があらたな活用法を見つけても面白いと思う。でも一番大切なのは、そこの場所で何かを始めるきっかけ作りを創り出す事なんじゃないかと思う。

なんてことを想いながら、来年の計画を練っていたりするのだけれど、会議の途中で、加工場のトラブルがあり、急きょとんぼ返りしたのでした

30日で3000万円資金調達(25日26日目)

2月10日(日)2月11日(月)
(25日目/26日目残り5日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

2日間は十日市の出店です。お隣は信玄餅で有名な金精軒さんが、生信玄餅を、もう一方のお隣は甲州小梅の長谷川醸造さんが焼き鳥や肉串を出店。わたしらは、ジャムと、ゆずを使ったゆず茶、そして今回はタコ焼きです。現在企業の農園事業と関連して、畑でレストランみたいにする方法として、キッチンカーを使えば、畑でもレストランできるんでないかなということで、キッチンカーを入手したのですが、もれなくタコ焼き器がついてきまして、までい牧場のイベントなんかで大活躍しているのですが、今回は車から降ろして、タコ焼き屋さんです。
特訓の成果で、まあなんとか形になりました。一日目は朝から晩まで焼きまくりましたが、二日目はほとんどスタッフの岩切さんが焼いてくれたので、私は終盤ちょこっと焼いただけ。

二日間のお祭りでのファンドレイジングは10万をちょこっと超えました。

昨年は暴力団排除の規制の関係で、このお祭りは中止に追い込まれたのですけれど、今年は装いも新たに、地元商工会さんやJAを中心に、復活!お祭りの賑わいも戻ってきて、すごい人ごみでした。
焼きつかれて、なんにも他の事が出来なかったんですけどね
2月10日(日)2月11日(月)
(25日目/26日目残り5日)
2日間は十日市の出店です。お隣は信玄餅で有名な金精軒さんが、生信玄餅を、もう一方のお隣は甲州小梅の長谷川醸造さんが焼き鳥や肉串を出店。わたしらは、ジャムと、ゆずを使ったゆず茶、そして今回はタコ焼きです。現在企業の農園事業と関連して、畑でレストランみたいにする方法として、キッチンカーを使えば、畑でもレストランできるんでないかなということで、キッチンカーを入手したのですが、もれなくタコ焼き器がついてきまして、までい牧場のイベントなんかで大活躍しているのですが、今回は車から降ろして、タコ焼き屋さんです。
特訓の成果で、まあなんとか形になりました。一日目は朝から晩まで焼きまくりましたが、二日目はほとんどスタッフの岩切さんが焼いてくれたので、私は終盤ちょこっと焼いただけ。

二日間のお祭りでのファンドレイジングは10万をちょこっと超えました。

昨年は暴力団排除の規制の関係で、このお祭りは中止に追い込まれたのですけれど、今年は装いも新たに、地元商工会さんやJAを中心に、復活!お祭りの賑わいも戻ってきて、すごい人ごみでした。
焼きつかれて、なんにも他の事が出来なかったんですけどね

30日で3000万円資金調達(24日目)

2月9日(土)
(24日目/残り7日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


午前中、剪定作業、お昼少し前に、支援者と打ち合わせ、
現在の私募債の募集状況と、来年度に開始予定の事業の目安、今月の売り上げ等を元に、支援者にお願いしたい事と、どう進めていくかを話し合う。当面、私募債の協力と、今月末に不足するであろう現金を、短期借入の形で支援してもらうお願い、具体的に支援者の数を増やしていく為にも、より広い人脈と、より広い見識はこれからもっと必要になって来る。NPOがひとつ階段を上がるために、3年後の未来を見据え、今の支援を前向きにとらえていただけたのではないかと思うけれど、案外Facebook眺めながら苦笑しているかもしれない。
少しだけ負担を分かち合って頂ける約束はもらえたので、午後から買い物と、息子の用事と、明日の準備と、時間があっという間なのは仕方ない
明日から十日市につき、たぶん全く他の事はすすまないのである。

30日で3000万円資金調達(23日目)

2月8日(金)
(23日目/残り8日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


10日11日の2日間行われる南アルプス市の十日市出店のため、足りない食材の準備や当日スタッフとの打ち合わせを進めつつ、
新しい公共事業で、一緒に進めているソーシャルスピリッツの遊休農地の畑を使った「障害を持つ方と作るオリジナル本格芋焼酎@南アルプス」
http://www.facebook.com/ma.socialspirits
の石川さんと打ち合わせ。県の指導として、完成した焼酎を販売するのは難しい状況を説明しながら、どんな風に出来あがった焼酎を分配して、来年度につなげていったらいいのかを検討。なかなかプラン通りにはいかないものだけれど、考えながら出来る方向性をトライしていくしかないんですよね。どんな回答が出てくるか楽しみです。その後少し時間が空いたので、畑の剪定をすすめる。
午後支援者との打合せあり、とはいえすぐには動けない状況であり、来年度以降に協力して動いていく形で協力を要請。すこしづつだけれど一歩前進。とはいえ、今の時期を乗り越えていかねばならぬのだから、両方がんばらねば、まずは十日市でがんばるということで、夕方から疲れていたのだろう、気が付いたら寝てました。
ほとんど書くこともなく進む。とほほ
障害を持つ方のエンパワメントと南アルプス市の遊休農地を活用して本格芋焼酎を作るワークショップをビジネスプランとして計画中です。そのプランの進行状況をリアルタイムで更新していきます。
Facebookページ: 77人が「いいね!」と言っています

30日で3000万円資金調達(22日目)

2月7日(木)
(22日目/残り9日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

いい天気なので、朝から剪定

をずっとやりたかったけれどそうもいかなかった。お昼前に連絡が入り部材の購入と、週末のお祭り用の原材料を調達、午後から試作、今回は私も十日市に立つので、きちんとタコ焼き焼けないと困りますから。さいしょから飛ばし過ぎて、無駄にしてしまったものもあるが、その後はまあまあ大丈夫ではないかというレベル(だと思います。)頂いたキウイフルーツの加工が思いのほか手間がかかり、どうスピードを上げるか考えなければならない。農家のB級品を加工すれば原材料も安く済み良いような気がすると思うけれど、一次加工するとほとんどが、選別や皮むきなどの人件費が加算される。だから、原料に手を加えなければならない内容が増えれば増えるほど、割りに合わない仕事となる。キウイフルーツの場合、皮むきがネックとなるが、人件費の高い日本での一次加工を成り立たせる為には、地域の農産加工施設のレベルではどうしても難しい。まあだからこそ、私たちのようなNPOが需要を支えながら、供給量を増やして、パイの大きさを広げる活動をしてきたつもりなのだけれど、
午後新しい農産物直売所を立ち上げたい方から、生産物の出荷が出来ないかの説明を受ける。できれば五月くらいから始めたいとのこと、頑張ってほしいと思うと同時に必要な青果物を確保する大変さは相当なものだろうと思う。

夕方ストーブの火を確認し、そのまま事務作業。決算しなけらばならないのに
たくさんの書類がたまっている。どうしましょう

30日で3000万円資金調達(21日目)

2月6日(水)
(21日目/残り10日)

*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

雪にはならず雨でした。良かった。
うちの果樹園の出荷先でもある「大地を守る会」
http://www.daichi.or.jp/corporate/
さんへの防除暦の提出の催促があり、急いで送るも、今年から圃場管理表も新たに登録し直すとのことで、書類作成に追われる。並行して、連絡が届いた賛助会員の申し込みの整理。そろそろ、送付した先に連絡を入れてお願いしないと、なかなか積極的に返事してくれるところは少ないのが現実。午後から、NPOが事務局を務める、南アルプスふるさとづくり地域協議会の会合に出席。今年度の活動報告と共に来年度の活動予定について検討。
この事業は農林水産省の「食と地域の交流促進対策交付金事業」を活用して、南アルプス市と、首都圏との間で交流バスの仕組みをつくり、都市農村交流をおこなおうというものだが、どうやら来年度も事業継続ができそうだという報告あり。
NPO本体の事業ではないので、資金調達の成果には出来ないけれど、まちづくりの活動がひとつ続けられそうだ。来年度は、協議会参加団体への補助として事業を使うのではなく、積極的に南アルプス市ー首都圏の交通手段の確保を行うための仕組み作りに活用したいと言う事で調整。南アルプス市市制10周年の記念イベントや、山梨県初の国民文化祭の開催などが予定されるので、その際の交通手段の一つとして、この交流バスを活用したい。
会議終了後ついでにまでい牧場へ、地元の中学校の支援学級が見学に訪れたい旨を牛担当清水君に伝えながら、来る十日市での状況を確認
そのまま加工場に戻り、十日市で販売予定のタコ焼きの試作状況を見ながら
必要な原材料の数量出しをお願いする。

30日で3000万円資金調達(20日目)

2月5日(火)
(20日目/残り11日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

明日が雪らしい!ということで、明日のマルシェをどうするか?か
毎週水曜日は、東京日本橋にある山梨県のアンテナショップ富士の国やまなし館の入り口前でマルシェを行っている。http://www.yamanashi-kankou.jp/tokyo/
私たちの製造したジャムや、遊休農地を開墾して拓いた畑で採れた野菜、協力農家さんのくだものなんかを販売している。しかし2月に入って、畑で採れるものが無くなってきてしまって、毎回のお得意さんががっかりして帰っていくとのこと、
ジャム中心の販売では、スタッフの人件費・交通費を含め、損益分岐点5万の売り上げを雪か雨の中確保するのは大変ということで今回は中止
冬のマルシェはなかなか厳しいのが現実。
土日のマルシェではなんとか10万の売り上げを確保してくれた、継続は力なのだけれど、この季節マルシェ会場のどこの出展者さんからも厳しい声が返ってくる。
とはいえ現金が入って来るというのは、資金繰りから行ってもありがたいことで
20日間の間でも8回のマルシェで約40万の現金を確保している
永続的にNPO活動を続けるうえで事業モデルを確保することは、_馮顱Υ麌婉皚委託事業・補助事業とならび、大切な3本の柱の一つ。年末からぐっと減った農産加工の依頼も、キウイフルーツの加工を1t分頂く。加工を委託された支援者からも、応援の仕方を提案されるが、来年の仕事を確保するのもファンドレイジングですからと、お仕事のお願いをする。事業概要が決まったら来年の加工の仕事を確保していただけると思う。少し安心。
2月に入って、一般のお客さんの味噌加工の予定が入り始め、農産加工施設は忙しい時期でもある。引き続き3月以降の仕事の確保もすすめていく。
スタッフと、今週末に迫った、地域のお祭りである十日市の出店について打ち合わせ、NPOとして今回はタコ焼きとジャムとゆず茶を販売予定。南アルプスの春を迎える大きなお祭りなのでがんばって販売します。
今回は十日市のお祭りの話題の一つとして、東北の方や被災者の方が作ったダルマをお祭りで販売するのだけど、そちらの復興ダルマコーナーで、までい牧場スタッフの清水君が、福島県人会の方と販売協力することでお声かけ頂いた。
十日市のお祭りに足を運んでいただければ、うちのNPOと復興ダルマコーナーにぜひ足を運んでくださいませ。
山梨のさくらんぼ狩り
さくらんぼ狩りロゴ
さくらんぼ狩りのご予約は
小野洋蘭果樹園さくらんぼ狩り
書いているのは
イベント開催中!
messageleaf
いまはこんなだよ
tankentai

山梨食育探検隊

毎月2回、いろいろな体験イベントやってます

参加者募集中!

こんどはどんな探検がまっているかな


バナー(長方形)
このサイトのキーワード
  • ライブドアブログ