南アルプスさくらんぼ狩りネットファーマーズログ

ねっとふぁーまーずログは山梨県南アルプス市で、さくらんぼ狩り観光、スモモ、もも、ぶどうなどのくだものを栽培するネットファーマーお百姓さんのあれこれです。

小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ

2008年02月

JAの農機具展示会に行ってきた

農機具展示会
JAの農機具展示会に行ってきました。山梨県下のJAが集まっての展示会ですから、結構大きな集まりで、主要なメーカーの農機具、農業資材が、南アルプス市の木の国サイトを会場に一同に集まり、展示やデモンストレーションを行います。
今回の私の目あては、畑の剪定した枝を処理する粉砕機チッパー

日本では現在野焼というのは一般的には禁止されているんだけど、畑での剪定枝の処理はその対象外になっている。

ということを逆に利用して実施しているのが、私らのイベントである
冬の畑の遊び方「きるもすくう」なんだけど

とはいえ、大量の枝を全てイベントでは処理できないし、償却すると短時間にCO2排出するという気がねもあって、
今回はチッパーで処理する事も考えようかなと・・・

ちなみに、畑から出た木を、燃やすのは、CO2の排出的には、温暖化に寄与しないことになっています。空気中の二酸化炭素を吸収して植物の身体を作るので、農業生産物による焼却は、CO2的にはプラスマイナス0です。
あと、燃やさないで堆肥化すればCO2ださないと思っておられる方もいるようですが、堆肥化してもCO2は排出します。それは、急速にCO2を出すか
ゆっくりと出すかの違いで、分解の過程でCO2はやっぱり放出します。

そういう意味では果樹園からのCO2排出量を抑えるなら、堆肥化するより
炭にするほうがいいです。炭の状態である限り(つまり使わなければ)微生物も分解できないので、二酸化炭素を排出しないままでいます。

それはさておき、農業機械が沢山展示されている中を歩き廻って
いろいろな機種を説明を聞きながら物色しました。

今日の山梨は、かなり強風が吹き荒れ、かなり寒かったのですが
まあ楽しかったです。

海外でのカンティフェアもこういった農業機械の展示があったりして
いい感じですが、もっとこの行事も、一般の人も目にするお祭りにしても楽しいかもと思います。



グルメいちご館前田さんに行ってきました

6bac87d0.jpgグルメいちご館前田さんは私たちファームフィールドトリップのイチゴジャム原料をお願いしている農園なんですけど

こんな方が館長の前田さんです。

でもって前田さんは私の親父が活動している山梨自然塾のメンバーでもあるし、こだわりの農園主でもあります。
何しろ無農薬のいちご狩りを実践してますからね。
もちろん、無農薬では無理という時期になったら最低限の農薬を使用してます。大切なのは

使ったらきちんと使ったことをサイトで宣言してそれ以降は無農薬を謳わないことです。

だからここのイチゴは決してオーガニックじゃないのね。
まあ水耕の溶液栽培だから無化学肥料栽培でもないしね。

つまり前田さんのやってる事は、ファッションとしてのオーガニックではないし市民運動としての有機栽培運動でもなく、単純に

お客さんは安全が保証された薬剤であったとしても、出来れば農薬のかかったいちごは食べたくないんじゃないかな
という

当たり前の思いに素直に従ってるだけのようです。

だから出来るだけ農薬散布の時期を遅らせる為に(もうからない)労力や資材を投入してます。

さらに水耕イチゴの味は日照や気温に左右されやすくて
イチゴの味が落ちると

本当に落ち込んで、ブログにも味が落ちることをお知らせしちゃうような方です。本当の事知らせないと

せっかく来たお客さんに悪いからって

はい、因みにうちらのイチゴジャムは今のところグルメいちご館前田さんでは売ってません。

無農薬イチゴのイチゴ狩りをしている間はお土産だって無農薬の原料を使っていると勘違いするだろうから

アトピーとかのお子さんががっかりしたらかわいそうだから
あ、うちらのイチゴジャムは春先のシーズン終盤のイチゴを分けて貰っていますから無農薬イチゴジャムじゃないですからね。

はい、はなから食品表示の無農薬とか信じてませんね。

正しいのは

添加物や薬品に正直に反応する身体の持ち主ですね。

当たり前の事を当たり前にするのは大変です。

今年も早く前田さんのイチゴ来ないかな

無農薬イチゴは回ってきそうにありません。(みんな喰われちゃってるみたいです)

山梨のさくらんぼ狩り
さくらんぼ狩りロゴ
さくらんぼ狩りのご予約は
小野洋蘭果樹園さくらんぼ狩り
書いているのは
イベント開催中!
messageleaf
いまはこんなだよ
tankentai

山梨食育探検隊

毎月2回、いろいろな体験イベントやってます

参加者募集中!

こんどはどんな探検がまっているかな


バナー(長方形)
このサイトのキーワード
  • ライブドアブログ