南アルプスさくらんぼ狩りネットファーマーズログ

ねっとふぁーまーずログは山梨県南アルプス市で、さくらんぼ狩り観光、スモモ、もも、ぶどうなどのくだものを栽培するネットファーマーお百姓さんのあれこれです。

小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ

2007年11月

六ヶ所村ラプソティーの上映会に行きました

a7e0e3fb.jpg六ヶ所村ラプソティーの上映会が、生活クラブ生協山梨さんの主催でありました。
映画の内容もさることながら、上映会後の監督さんのトークがとても良かったです。
ゴミ処理の方法が決まっていないまま、そのゴミをいじりまわしてさらに毒性を強くしてしまう現在の核燃料リサイクルシステムは、経済効果以前に考え直してもらいたい事だらけだと強く感じました。

県民の日のイベントに参加しました5

ブログネタ
週末は山梨にいます に参加中!
8158810e.jpg今週末10日11日は、山梨県の県民の日行事として、県の小瀬運動公園で県民の日イベントが開催された。で、NPO法人南アルプスファームフィールドトリップは、この行事の中で、コミュニティビジネス見本市会場のブースとして出展、2日間にわたってうちらの生産品を販売してみた。



一日目雨

さらに、毎年ある程度の企画で場所取りが決まっているこの行事、新たに企画されたコミュニティビジネス見本市。ちょっとわかりにくいところに
会場が設定がされてしまい・・・

残念ながら閑古鳥

ま、今年新作の南アルプスのゆずはちみつを
試飲してもらいました。来場者に感謝

で、それほど忙しくないのをいいことに、
子連れで参加したわたくしは、息子2人とあちこちのブースを見学

一番下の子は生協の展示するBDFゴーカートの運転席に収まりゴキゲン!
このゴーカートは、ディーゼルエンジンのゴーカートで、燃料にてんぷら油の廃油を改質した、BDF燃料で走る。

そう、私の農園でお客さんを送迎するのに使っているおんぼろ10人乗りワゴンも、このてんぷら油で走るBDF燃料車なのだ。

で、アンケートをして、記念のティッシュなんぞをもらったりしたのだが、私がBDF燃料車のオーナーとわかると、生協のBDF推進担当の人がわざわざ挨拶に来てくれた。

このところ軽油も値段が上がっているので、BDFも評価されているとはいえ、やはり少数派、ぜひともあちこちで導入してもらえると私もうれしい

とかなんとかえらそうな事を言っているが、私ら家族のお目当ては、実はここではなくて、県民生活課さんの、クリーンエネルギーコーナーなのだ。

毎年押しかけているので担当課長とも顔見知りになるくらいの常連である(と勝手に思っている。)ここでは小学生以下の子供限定ではあるが抽選でソーラー関連の工作キットが無料で工作できちゃったりする。
この抽選も、意外と競争率が低いので、ここ何年も通って、

外れたことはない。

外れても次回の抽選次回まで粘ればほぼ間違いなくゲット可能だ。
しかも、おもちゃとはいえきちんとした太陽発電パネルつきのソーラーカーや風力発電キットなんかがもらえて、その場で作れるのだ。

このソーラー発電キットは、お父さんお母さんがいくら環境に関心があるとはいっても、ポケットマネーで買おうとすると
え・・・

というくらい高額なものである

それが、子供一人一人にゲットできて、発電の仕組みも学べて
(本当に学んでいるかは怪しいけれど)
時間つぶしも出来て

山梨県さんありがとう。
個人的には一番うれしい子育て支援です。

今回もソーラーで走る車の組み立てキットをゲットしました。
ちなみにお隣のブースではやっぱり毎年出展しているのですが
太陽光発電や風力発電の紹介コーナーがあって、
我が家の太陽光発電システムを工事していただいた
サンライト広瀬電工さんが説明してくれていて
今年の目玉は
温度差発電マシーンでした。

要するに怪しげな機械にお湯を通すと、その温度差で発電しちゃうというもの

そのあやしげな発電機械とは、パソコン好きな人なら
結構身近な素材だったりしたのでびっくり

また次回詳しく書いてみたいと思う次第でした。

(こんなんでサボっていたためコミュニティビジネスのブース紹介コーナーの発表に間に合わなくなり、担当者に怒られました。ごめんなさい)

かつおじいちゃんのぶどうジュース2007仕込みます。5

ブログネタ
週末は山梨にいます に参加中!
ff58aa55.jpgかつおじいちゃんのぶどうジュース2007今年もいよいよ仕込みます。

先週までNPOで受けている完熟フルーツこだわり探訪のツアー用に最後までブドウを残しておいたので、今年の小野洋蘭果樹園のぶどうは最後のベリーAという品種が残っていたのですが、

無事収穫を終え、残り物のブドウを集めて、かつおじいちゃんのブドウジュースを作ります。

このぶどうジュースの特徴は、

小野洋蘭果樹園のブドウだけを使った、農園オリジナルジュース
であるのはもちろん
うちの売りである、世界の珍しい色々なブドウがたっぷり
普通ブドウジュースはひとつの品種で作られますが
このジュースは10種類以上の品種がミックス。
色々なブドウの個性がミックスした世界にひとつしかないジュースです。
また、残り物のブドウはその年によって様々ですから毎年色合いも味も変化しますから、ワインみたく
かつおじいちゃん(ブドウ担当のうちの親父の名前ですね)
の作る2007年のイヤーモデルジュースなんです。

ジュースを仕込むのは私たちのNPOではおなじみの
富岡農園さん。

大正時代から続くぶどうジュースの老舗なんですが、伝統的な加熱、瓶詰め製法で昔ながらの味わいのジュースを造っています。

さて、今年はどんな味に仕上がるでしょう。

今年もOisix(オイシックス)さんを通じて販売します。
一部は農園でも販売しますが、すぐに売切れてしまいますので
要チェックです。

ブドウを搾ってすぐに瓶詰めするのではなく、少しタンクで熟成させてから瓶に詰めますので、完成はもう少し先の予定。
お楽しみに!

完熟フルーツこだわり探訪、本年度終了です3

106a69f3.jpg完熟フルーツこだわり探訪、本年度終了です
11月に入り、めっきり冷え込んできました。
4日の日曜日に、南アルプス市商工会さんから委託を受け実施した
完熟フルーツこだわり探訪のフルーツツアー
今年度最後のツアーが終了しました。

ぶどう園で、マスカットベリーAを収穫して、ジャム作りはリンゴジャム
オリジナルの南アルプススウィーツを堪能して帰られました。

まだまだ改善点はありますが、昨年から較べて、着実に成果が上がってきているのではないかな・・と

また来年に向けて、沢山のお客様に楽しんでいただけるようにがんばりたいと思います。
山梨のさくらんぼ狩り
さくらんぼ狩りロゴ
さくらんぼ狩りのご予約は
小野洋蘭果樹園さくらんぼ狩り
書いているのは
イベント開催中!
messageleaf
いまはこんなだよ
tankentai

山梨食育探検隊

毎月2回、いろいろな体験イベントやってます

参加者募集中!

こんどはどんな探検がまっているかな


バナー(長方形)
このサイトのキーワード
  • ライブドアブログ