南アルプスさくらんぼ狩りネットファーマーズログ

ねっとふぁーまーずログは山梨県南アルプス市で、さくらんぼ狩り観光、スモモ、もも、ぶどうなどのくだものを栽培するネットファーマーお百姓さんのあれこれです。

小野洋蘭果樹園TOPページ あっくすおりがみ さくらんぼ狩り 販売ページ 園主のブログ 南アルプスファームフィールドトリップ 南アルプス紹介ブログ

30日で3000万円資金調達(18日目)

2月3日(日)
(18日目/残り13日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

本日は自宅関係の雑務をこなす。(掃除やお片付けともいう)

さくらんぼ狩りのお客様宛てのメール1000通に対してメールの不達が実に253通 25%は届かなくなってしまう。
一応、お客様から今後連絡してもいいというところにチェックが入っていても
こんなものだ。今は携帯からさくらんぼ狩りに予約する方も多いので、果樹園からのアドレスをOKにしないままの方かったり、ケータイのアドレス自体を頻繁に変える方も多いのでまあ仕方ない。
で、約750通のメールに対するレスポンスは、日曜日現在で、多分ジャストギビング経由で寄付していただけた方が1名。サイト経由で賛助会員になって頂いた方1名の計2名という結果となった。0.2%というレスポンスは、チラシの配布での反応率から比べればまあまあなのだろうが、少なくとも私の果樹園に来て頂いているお客様という意味では、知らない他人ではないのだから、この反応率はさすがにへこむ。メールを発送し始めた先月の27日からNPOのブログへの閲覧数は増えているが、訪問回数は30回ぐらいだったのが100回程度に増加。ページビューは今までの平均1日50から70位のものが150から多い日で300位に増えている。
メールではNPOのブログへのリンクを貼ったのだけれど、ここからわかる事は「ほとんどのお客様はメールを読んでいないか、読んでもリンクをクリックすることなくスルーしてしまっている。」という事実。
色々と反省材料満載ですが、ネットショップでDMをやられている方は大変なんだろうなと思うのでした。別の1000件分のメールアドレスに対して、どのような届け方が伝わりやすいのか、考えてみます。

手紙の文面を知りたい方はメッセージ下さい。添削していただいて次につなげていきたいと思います。

30日で3000万円資金調達(17日目)

2月2日(土)
(17日目/残り14日)

*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************
 
朝、小雨。こういった日は暖かい。
昨日畑で、コンクリの固まりに後輪をひっかけ、パンクしてしまい
タイヤ屋さんへ、
さすが餅は餅屋、あっという間に直してくれた。感謝
で、畑に戻り、剪定の続き
午後は、支援をお願いしている方のところで、現状の説明と
どんな事に使い、どの位の資金が必要なのか
どれだけ集まっているのかを説明しながら、不足金額についての
調達をお願いする。
「支援者の方のネットワークを使って、なるたけ早く動いてくれる
との事に、大きな感謝
さらに申し訳なさと、責任の重さと、
さらに少しづつでも状況が前向きに変化してゆく喜びを感じる。

帰りがてら、甲府市内のお店を回り、賛助会員募集のチラシを置いてもらう。

まだ日が沈むには早いので、畑に。1時間で2本仕上げるペース。あと1日で
この畑は仕上がるかな?

市川の親父より電話あり、講演会の関係で連絡。夕方、ハウスをチェックして薪ストーブを見に行ったのちに、畑で落ち合う。

この間、うちの農場スタッフ平野さんが、市川さんと全国農民会議の会合で福島に行ってきたのだけれど、今度山梨で、飯舘村の酪農家だった長谷川健一さんを招いて、講演会を実施するとのこと

ちょうどそのチラシが出来あがったのだ。

2月24日(日)
13:00〜16:30まで
県立国際交流センターにて
資料代として500円(高校生以下無料)

問い合わせ先は、090-9347-3621 今村さんへ

ということなので、ぜひお時間ありましたらご参加を
うちのNPOも呼びかけ人の中に入ってますので
チケット言っていただければ確保します

飯舘村のソトにいて、ソトから行動を起こした私と
飯舘村のナカから、今も行動している長谷川さんと

どのように想いに違いがあり
どのように想いが同じなのか、ぜひとも言葉を交わしたいと思ってます。

ついでに賛助会費も徴収ありがとうございます。

夜、支援者より電話あり
自分が他人に貸しているお金があるので、それが戻ってきたら
NPOに融資することも可能だと
前提は自分のところに戻ってくればの話ではあると念を押されたけれど

少なくとも私がこうして書きこむアクションが
今までより大きく動いて行くのを感じる。

「ファンドレイジングは頭(あたま)を下げて人からお金を集めるのではなく」

「誇りをもって、社会のためにお金を回していくために、人の志に頭(こうべ)を垂れる仕事」

そんなかっこいい仕事の中で、とってもかっこいいお金の使い方を提案されて
改めてその人の器量の大きさを知り
ファンドレイジングの醍醐味をほんの一端でも感じる事ができました。
本当にありがとうございます。

ぜひあなたも、そんなかっこいい人になってみたくありませんか?
わたしも、がんばってたくさんのお金が、地域に回っていくようにして
かっこいい支援が出来るといいなと思ったのでした。
2月2日(土)
(17日目/残り14日)
朝、小雨。こういった日は暖かい。
昨日畑で、コンクリの固まりに後輪をひっかけ、パンクしてしまい
タイヤ屋さんへ、
さすが餅は餅屋、あっという間に直してくれた。感謝
で、畑に戻り、剪定の続き
午後は、支援をお願いしている方のところで、現状の説明と
どんな事に使い、どの位の資金が必要なのか
どれだけ集まっているのかを説明しながら、不足金額についての
調達をお願いする。
「支援者の方のネットワークを使って、なるたけ早く動いてくれる」
との事に、大きな感謝
さらに申し訳なさと、責任の重さと、
さらに少しづつでも状況が前向きに変化してゆく喜びを感じる。

帰りがてら、甲府市内のお店を回り、賛助会員募集のチラシを置いてもらう。

まだ日が沈むには早いので、畑に。1時間で2本仕上げるペース。あと1日で
この畑は仕上がるかな?

市川の親父より電話あり、講演会の関係で連絡。夕方、ハウスをチェックして薪ストーブを見に行ったのちに、畑で落ち合う。

この間、うちの農場スタッフ平野さんが、市川さんと全国農民会議の会合で福島に行ってきたのだけれど、今度山梨で、飯舘村の酪農家だった長谷川健一さんを招いて、講演会を実施するとのこと

ちょうどそのチラシが出来あがったのだ。

2月24日(日)
13:00〜16:30まで
県立国際交流センターにて
資料代として500円(高校生以下無料)

問い合わせ先は、090-9347-3621 今村さんへ

ということなので、ぜひお時間ありましたらご参加を
うちのNPOも呼びかけ人の中に入ってますので
チケット言っていただければ確保します

飯舘村のソトにいて、ソトから行動を起こした私と
飯舘村のナカから、今も行動している長谷川さんと

どのように想いに違いがあり
どのように想いが同じなのか、ぜひとも言葉を交わしたいと思ってます。

ついでに賛助会費も徴収ありがとうございます。

夜、支援者より電話あり
自分が他人に貸しているお金があるので、それが戻ってきたら
NPOに融資することも可能だと
前提は自分のところに戻ってくればの話ではあると念を押されたけれど

少なくとも私がこうして書きこむアクションが
今までより大きく動いて行くのを感じる。

「ファンドレイジングは頭(あたま)を下げて人からお金を集めるのではなく」

「誇りをもって、社会のためにお金を回していくために、人の志に頭(こうべ)を垂れる仕事」

そんなかっこいい仕事の中で、とってもかっこいいお金の使い方を提案されて
改めてその人の器量の大きさを知り
ファンドレイジングの醍醐味をほんの一端でも感じる事ができました。
本当にありがとうございます。

ぜひあなたも、そんなかっこいい人になってみたくありませんか?
わたしも、がんばってたくさんのお金が、地域に回っていくようにして
かっこいい支援が出来るといいなと思ったのでした。

30日で3000万円資金調達(16日目)

2月1日(金)
(16日目/残り15日)
1日とんでいるのは、昨日はファンドレイジングしないで、
ひたすら畑でハサミをふるっていたからだったりします。
その間もスタッフはお手紙書いたり、返事をまとめたりしてくれています。
そうそう、パネル展示を、牛スタッフの清水さんにお願いしてました。
で、
畑でケータイがなって。

「はい、もしもし」
私ががんばりすぎってるって、
1人で背負いすぎるって、

心配していただいて、応援していただいて
ありがとうございます。

でもこれもまた、私が選んできた事で
その状況からしか学ぶことが出来ない事がたくさんあります。

震災で学んだ事
原発事故で学んだ事

私は少しだけ幸運な状況の中で学ぶ事ができました。

テロリストの銃口の前で学んだり、落下するミサイルの下で学ぶのはまっぴらですとも

私が生まれる事の出来た時空は、
戦国時代でも、ナチの収容所でもなかったのです。

だから学びながら、自分の至らなさを楽しむ余裕もあります。

お電話ありがとうございます。

だいじょうぶ、今日はぜんぜんがんばっていません
2月1日(金)
(16日目/残り15日)
1日とんでいるのは、昨日はファンドレイジングしないで、
ひたすら畑でハサミをふるっていたからだったりします。
その間もスタッフはお手紙書いたり、返事をまとめたりしてくれています。
そうそう、パネル展示を、牛スタッフの清水さんにお願いしてました。
で、
畑でケータイがなって。

「はい、もしもし」
私ががんばりすぎってるって、
1人で背負いすぎるって、

心配していただいて、応援していただいて
ありがとうございます。

でもこれもまた、私が選んできた事で
その状況からしか学ぶことが出来ない事がたくさんあります。

震災で学んだ事
原発事故で学んだ事

私は少しだけ幸運な状況の中で学ぶ事ができました。

テロリストの銃口の前で学んだり、落下するミサイルの下で学ぶのはまっぴらですとも

私が生まれる事の出来た時空は、
戦国時代でも、ナチの収容所でもなかったのです。

だから学びながら、自分の至らなさを楽しむ余裕もあります。

お電話ありがとうございます。

だいじょうぶ、今日はぜんぜんがんばっていません

30日で3000万円資金調達(15日目)

1月31日(木)
(15日目/残り16日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


午前中、福島県人会の事務局の方とお会いする。これまでの活動の経過を話しながら、私たちの活動が、福島県に縁のある方、福島から山梨に来ている方たちに、どのように感じられているのかを、一度お話を持ちたい旨を伝える。
同時に今までの福島県人会の活動と、現在の状況を穏やかに、そして熱く語って頂いた。二月の10・11日の両日、地元南アルプス市の十日市のお祭りで販売予定の、「復興支援だるま」作りなどとても素敵な取り組みだと思う
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2013/01/29/10.html
私の提案については、福島県人会の会長らと検討してご返事いただけるようだ。
また、活動を広めるためのヒントも頂く。
その後、甲府市内で支援者の方に支援を仰ぐと共に、市の6次化施策関連についても相談。ついでに、NPOのネット決済に必要な、登記簿と印鑑証明を取りに法務局へ、午後、中国の重慶からの経営者が果樹や施設栽培に関心があるとのことで、農園に案内。トマトの施設栽培にも関心があると言う事で、市内の村松農園も紹介する
そのまま急いで、南アルプスでのフットパス実施についての打合せ
のはずだったけれど、私の相談会みたいになってしまう。
とはいえ、問題点を人に話す事によって色々と整理できてくる。感
すでに空は夕闇せまり、急いでハウスに向かい、ストーブの燃料補
までいスタッフ清水君より連絡入り、までい牧場のボランティアさんたちが集まる
機会を岩崎さんが作ってくれるとのこと、スケジュールをやりくり
実家から、私募債に7口申し込んでくれる方があるということで
支援者にお礼と共に、趣旨説明と申し込み方法を連絡
私たちの活動を、自分だけでなく多くの人に関心を持ってもらうために、御自分のお子さんとお孫さんそれぞれの分として送りたいということで7人分7口ということらしい。それぞれの方に活動の様子をお送りする事をお約束して、感謝の意を伝える。こころざしのお金を受け取る責任は、ただの借金よりも重いのだと思い知らされる瞬間。
その後、までいボランティアスタッフが集まる会場の奥藤さんへ、
私の今回の活動の説明と、までい牧場で「福ちゃん島ちゃん」に直接携わって頂いているみなさんとの腹を割った話し合い。
今後の牧場作りに向けて、みなさんの想いも受け止める
私の至らなさを思い知ると同時に
いろんな人が関わって、大きく動いてしまっている現実の大きさと重さ
私はもっともっと学ばねばならない。

明日は県の主催する「美しい県土づくり推進大会」にて
地域の景観を紹介するパネル展示コーナーにて、までい牧場の様子をスタッフ清水君に紹介してもらう予定。

30日で3000万円資金調達(14日目)

1月30日(水)
(14日目/残り17日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************
 
本日、日本経済新聞と、山梨日日新聞より問い合わせを頂きました
中心は、「福ちゃん島ちゃん」のまでい牧場をからめた、私募債の発行について
山梨ではNPO法人によるNPO法人債の起債というのは初めてのはずだと思う
実際上手くいくのか心配なのは変わらないけれど、嫌われても今回は集めますので、声を掛けられそうだと心配する方は、急な海外出張でも用意して下さいませ

このNPO法人債というのに興味がある社会起業家の方は多いかと思いますが
今回起債するのは、擬似私募債という名前の債券で、一応実施にあたり、
商工会に相談して、専門家派遣を行ってもらい、その上で、弁護士さんとも
相談させていただいて、どんな事が必要かをクリアしていきながら進めています
私募債は、株式会社が発行可能ですが、NPO法人は株式会社ではありませんので
擬似私募債という名前の金銭消費貸借契約を結ぶという事らしいです。
とはいえルールを無視して勝手に名前をつけてやるわけにはいかないらしくて
一番大きな制約は 「不特定多数の人からお金を集める事は出来ません」
つまり、親族・知り合いからお金を集める手法が私募債なのです。
だから、この私募債を集めるにあたって、NPOでお金集めるから10万円
払って下さいというわけにはいかないし、いきなり私が押し掛けて行ってあなたを洗脳し、10万円払いますハンコぽんっ!
というのもダメです。
じゃあ、Facebookで告知もダメじゃん
厳密に言うとそうですが、
「これからうちのNPOがNPO法人債を発行するつもりだよ~」というのはOK
つまりNPO法人債の募集ではなくて、これから起債する予定だから関心のある人は私に連絡してくださいと言う形はぎりぎりOKということです。

ただし身内限定。

この場合の身内とは、NPO法人の正会員・賛助会員とその親族ぐらいならOK
なので、

今回の起債のご案内も以下のとおり、ちょっとまどろっこしい書き方になっています。

本NPO 法人債は「南アルプス市の遊休農地解消」事業を推進するために
NPO 法人南アルプスファームフィールドトリップ理事長の責任において起債するもので、
法律上は擬似私募債にあたります。この擬似私募債は、少人数私募債形式による、利息制限法・
出資法等の関係法令及び各種業法をクリアした民法上の債券です。
額面は一口10万円。を予定しています
償還は起債後5年ですが、1年経てば、請求があれば規定の手続きの後償還も可能です。
利息は年3%とします。
NPO 法人債購入については会員へのご案内になります。賛助会員になって頂きますと詳しいご説明を致します、年会費は年間3000 円になります

まずはNPO法人の賛助会員になってもらう事がひとつの活動という事になります。
その上で、お願いできそうな方の反応を確かめながら、
私募債についてお願いしていく事になります。

先週郵送した手紙が少しづつ集まり始め、ネットを通じて賛助会員にお申し込みいただきましてありがとうございます。

昨日の段階で確認できた賛助会員申込数はこのサイト上で23名x3000円で69000円
ここでの参加表明者以外に昨年からの継続含めご連絡頂いた方が15名x3000円で
45000円
私募債にご協力頂ける方が12名x10万円で、120万円

また、までい牧場建設のためのジャストギビング経由での寄付金額が5口15000円
匿名寄付として500ドルを送付頂いています。

ジャストギビングでの数字が上がらないとモチベーションが上がらないというのは
もっともですね、私もそう思います。週末のうちにどうしようか決めます。

現時点での資金調達額は
1,329,000円と 500ドル

たくさんの方のご協力感謝いたします。
きちんと物事を整備しないままに始めていますから
まだこんなことも出来ていないのか!
とか、わかりにくい
とかたくさんあると思います。
心配していただくメールも頂きました

素人だからしょうがない。とはいいません
始めてみてわかった事がたくさんあります。
だから毎日修正しながら進みます。

今夜は、お客様へのメール発送の続き
2・3年以上前のメールアドレスは届かない率が高くなりますね
やはり簡単に相手に届ける方法はありませんよということです。

夕方、商工会でお世話になった方にお話しに行って
色々アドバイスをいただきました。
若造を気にかけていただけるのはありがたい限りです。

明日は福島県山梨県人会の事務局の方と会ってきます。
1月29日(火)
(13日目/残り18日)

本日、日本経済新聞と、山梨日日新聞より問い合わせを頂きました。
中心は、「福ちゃん島ちゃん」のまでい牧場をからめた、私募債の発行について
山梨ではNPO法人によるNPO法人債の起債というのは初めてのはずだと思う
実際上手くいくのか心配なのは変わらないけれど、嫌われても今回は集めますので、声を掛けられそうだと心配する方は、急な海外出張でも用意して下さいませ

このNPO法人債というのに興味がある社会起業家の方は多いかと思いますが
今回起債するのは、擬似私募債という名前の債券で、一応実施にあたり、
商工会に相談して、専門家派遣を行ってもらい、その上で、弁護士さんとも
相談させていただいて、どんな事が必要かをクリアしていきながら進めています
私募債は、株式会社が発行可能ですが、NPO法人は株式会社ではありませんので
擬似私募債という名前の金銭消費貸借契約を結ぶという事らしいです。
とはいえルールを無視して勝手に名前をつけてやるわけにはいかないらしくて
一番大きな制約は 「不特定多数の人からお金を集める事は出来ません」
つまり、親族・知り合いからお金を集める手法が私募債なのです。
だから、この私募債を集めるにあたって、NPOでお金集めるから10万円
払って下さいというわけにはいかないし、いきなり私が押し掛けて行ってあなたを洗脳し、10万円払いますハンコぽんっ!
というのもダメです。
じゃあ、Facebookで告知もダメじゃん
厳密に言うとそうですが、
「これからうちのNPOがNPO法人債を発行するつもりだよ~」というのはOK
つまりNPO法人債の募集ではなくて、これから起債する予定だから関心のある人は私に連絡してくださいと言う形はぎりぎりOKということです。

ただし身内限定。

この場合の身内とは、NPO法人の正会員・賛助会員とその親族ぐらいならOK
なので、

今回の起債のご案内も以下のとおり、ちょっとまどろっこしい書き方になっています。

 本NPO 法人債は「南アルプス市の遊休農地解消」事業を推進するために
NPO 法人南アルプスファームフィールドトリップ理事長の責任において起債するもので、
法律上は擬似私募債にあたります。この擬似私募債は、少人数私募債形式による、利息制限法・
出資法等の関係法令及び各種業法をクリアした民法上の債券です。
 額面は一口10万円。を予定しています
 償還は起債後5年ですが、1年経てば、請求があれば規定の手続きの後償還も可能です。
 利息は年3%とします。
 NPO 法人債購入については会員へのご案内になります。賛助会員になって頂きますと詳しいご説明を致します、年会費は年間3000 円になります

まずはNPO法人の賛助会員になってもらう事がひとつの活動という事になります。
その上で、お願いできそうな方の反応を確かめながら、
私募債についてお願いしていく事になります。

先週郵送した手紙が少しづつ集まり始め、ネットを通じて賛助会員にお申し込みいただきましてありがとうございます。

昨日の段階で確認できた賛助会員申込数はこのサイト上で23名x3000円で69000円
ここでの参加表明者以外に昨年からの継続含めご連絡頂いた方が15名x3000円で
45000円
私募債にご協力頂ける方が12名x10万円で、120万円

また、までい牧場建設のためのジャストギビング経由での寄付金額が5口15000円
匿名寄付として500ドルを送付頂いています。

ジャストギビングでの数字が上がらないとモチベーションが上がらないというのは
もっともですね、私もそう思います。週末のうちにどうしようか決めます。

現時点での資金調達額は
1,329,000円と 500ドル

たくさんの方のご協力感謝いたします。
きちんと物事を整備しないままに始めていますから
まだこんなことも出来ていないのか!
とか、わかりにくい
とかたくさんあると思います。
心配していただくメールも頂きました

素人だからしょうがない。とはいいません
始めてみてわかった事がたくさんあります。
だから毎日修正しながら進みます。

今夜は、お客様へのメール発送の続き
2・3年以上前のメールアドレスは届かない率が高くなりますね
やはり簡単に相手に届ける方法はありませんよということです。

夕方、商工会でお世話になった方にお話しに行って
色々アドバイスをいただきました。
若造を気にかけていただけるのはありがたい限りです。

明日は福島県山梨県人会の事務局の方と会ってきます。

30日で3000万円資金調達(13日目)

1月29日(火)
(13日目/残り18日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************

本日風もなく畑日和、ファンドレイジングどころではない、果樹農家は剪定ばさみとのこぎりを持って畑に向かう。とはいえ、進まないと目標もあるので、お客様向けにメールの発送開始。NPOスタッフからの問い合わせの文章も直して、畑に向かう。実は、先日の雪のあと、枯れかけていたスモモの大木が倒れてしまい、能動をふさいでしまっていたのだ。通路の奥の農家さんからも何とかしてくれという事で、今日はチェーンソーを持ち出しスモモの樹を切り倒す。いい薪が出来ました。
午後からは、私のNPOの副理事長と前監事の二人で経営する「I&Iフルーツグロワーズ」の農業賞受賞祝賀会に出席する。
午後帰宅すると郵便物の束の中に
篤志の方からの寄付として500ドルが・・・
ありがたく使わせていただきます。感謝

夜の作業は、果樹園のさくらんぼがりのお客様にむけて支援のお願いを、
こちらは、NPO関係者ではないので、あくまでも小野洋蘭果樹園からのお願い
ストレートに、中央道の事故で困っているので賛助会員になって助けて下さいというメッセージで送る。

まずは今夜中に1000件

実は、1000件のメール発送なんて簡単かと思いきや、メールアドレスがすでに使われていなかったり、登録メールアドレスが間違っていたりと、一遍に発送するとどこでエラーが出て止まったかわからない状態になってしまうため
とりあえず100件づつ発送して、エラーの出たメールアドレスを削除してゆくという地道な労働が待っていた。
こういうのが自動で出来るソフトがあるといいのだけど
多分あるのだろうけれど、私には使いこなせないかな

さくらんぼ狩りに来るお客様はさくらんぼが目的であって、うしなんぞ
ある意味どうでもいいことなので、どの位関心を持って頂けるか楽しみでもある

今回のテーマの一つでもある。ともだちではない一般の方からの共感を得る為には
どんな表現が有効なのか、どんな表現だと反応が薄いのか

トライ&エラーを繰り返していこう。
どうせ何度もできる体験ではないから。
1月29日(火)
(13日目/残り18日)
本日風もなく畑日和、ファンドレイジングどころではない、果樹農家は剪定ばさみとのこぎりを持って畑に向かう。とはいえ、進まないと目標もあるので、お客様向けにメールの発送開始。NPOスタッフからの問い合わせの文章も直して、畑に向かう。実は、先日の雪のあと、枯れかけていたスモモの大木が倒れてしまい、能動をふさいでしまっていたのだ。通路の奥の農家さんからも何とかしてくれという事で、今日はチェーンソーを持ち出しスモモの樹を切り倒す。いい薪が出来ました。
午後からは、私のNPOの副理事長と前監事の二人で経営する「I&Iフルーツグロワーズ」の農業賞受賞祝賀会に出席する。
午後帰宅すると郵便物の束の中に
篤志の方からの寄付として500ドルが・・・
ありがたく使わせていただきます。感謝

夜の作業は、果樹園のさくらんぼがりのお客様にむけて支援のお願いを、
こちらは、NPO関係者ではないので、あくまでも小野洋蘭果樹園からのお願い
ストレートに、中央道の事故で困っているので賛助会員になって助けて下さいというメッセージで送る。

まずは今夜中に1000件

実は、1000件のメール発送なんて簡単かと思いきや、メールアドレスがすでに使われていなかったり、登録メールアドレスが間違っていたりと、一遍に発送するとどこでエラーが出て止まったかわからない状態になってしまうため
とりあえず100件づつ発送して、エラーの出たメールアドレスを削除してゆくという地道な労働が待っていた。
こういうのが自動で出来るソフトがあるといいのだけど
多分あるのだろうけれど、私には使いこなせないかな

さくらんぼ狩りに来るお客様はさくらんぼが目的であって、うしなんぞ
ある意味どうでもいいことなので、どの位関心を持って頂けるか楽しみでもある

今回のテーマの一つでもある。ともだちではない一般の方からの共感を得る為には
どんな表現が有効なのか、どんな表現だと反応が薄いのか

トライ&エラーを繰り返していこう。
どうせ何度もできる体験ではないから。

30日で3000万円資金調達(12日目)

1月28日(月)
(12日目/残り19日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************
 
朝から天気は良いのだけれど風が強くて寒い日。
午前中畑をまわり、打合せを行う。今日中に仕上げるつもりの一般のお客様向けの説明文を掲載するために、久しぶりにHPの内容を書き込んでいく。何かを始めると別の何かも連動して、なんとかホームページらしい体裁を整える。
本来なら、ホームページでの決済にクレジットカードが使えるようにしたかったのだけれど、それほど甘くはないみたい。審査項目でまたチェックが入ってしまった。
メールを開くと毎日いろいろなメッセージが寄せられ、感謝
今日は午後は講義があるので早めに家を出る。

塩山での講義の後、甲府善光寺のハーパーズミルに立ち寄り
岩崎健一さんと少しお話を

「福ちゃん島ちゃん」の名付け親でもある岩崎さんは、までい牧場を陰に日なたに支えてくれている。今回も綿密な打ち合わせの中でこんな事始めたわけではないので、一応経緯を説明しながら、わたしの想いと、岩崎さんたちのペースとのすりあわせ。

この会話の中で、福ちゃん島ちゃんの事に関心をもってもらう方から、色々な質問が投げかけられるときに、答えら得れない事があるんだということで、

まあ、せっかくの機会なので、私の想いと、放射性物質の問題について、少しまとめて、書きこみながら、私の果樹園のお客さん向けに流す文面を推敲。

想いの部分は、難しい表現もあるけど、やっぱり少しは皆さんに私のスタンスも分かって欲しいという勝手な願いから、どんどん書き込んでいたら日付けが変わっていたのでした。

30日で3000万円資金調達(11日目)

1月27日(日)
(11日目/残り20日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************
 
今日はNPOのブログ 
http://npo-farm.net/www/
に福ちゃん島ちゃんに対する前回の私の想いのファイルを
ダウンロードできるように掲載。
さらに、今まで作成したpdfファイルをまとめてダウンロードできるように

NPOのHPでも、いきなり賛助会員募集にしないで、この文章も読んでもらえるように変更。

さらに、NPOの商品を買って応援!ページを仕上げ
ブルーベリーの里親さん募集ページも作る。
明日までにフォームの体裁を整える予定。

こういうのって、集中して(無理やり)やる気にならないと
どうしても後回しにしたり人任せにしたり
という私のダメダメな部分が如実に表れているのではと反省

さて、いよいよ明日から、これらの内容を元に、一般の方向けに
賛助会員と、商品の購入をメールでお願いしていくことに

来週はリアルに足を使って、
_餔勧誘・私募債のお願い
⊂γ盟加(ジャム類だけでなく、企業の農園の取組み拡大)
私の想いのシナリオ作成
を進めてファンドレイジング
畑仕事しながらなのでどこまでいける事やら・・・

30日で3000万円資金調達(10日目)

1月26日(土)
(10日目/残り21日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


本日は朝から、NPOのHPを修正。やっつけ仕事ながら、サイトから賛助会員募集のページまでたどり着けるように。かみさんから、賛助会費募集の名前を書いてもらう前段階として、私の想いを一枚でわかりやすく説明せよとの厳命が下り
それなりに提出したところ

ぼろくそにけなされて、けちょんけちょん

いや、わたしデザイナーではなくて
百姓なんですけど

かみさんはバブリーな時代を、大日本印刷で過ごしておりますので
印刷物に対し
一言どころか、百言くらい続きそうだった・・ので
午後から地域の若手で組織する研究会の剪定講習会があったので
ほっとする。

畑にいるとほっとするのは良い事ではないな。

その後帰ってきた私に残っていたチラシのひな形を
私が残りを書き込んで、ちょこっとレイアウトを変えて
まあ形ができたなあと思ったところで

ぼろくそにけなされて、けちょんけちょん

勝手にレイアウトを変えたのが逆鱗に触れました

デザイナーの意見
もとい(かみさんのいけん)は逆らわない事です。

で仕上がったのがこんなです

今夜は、この農業研究会の総会がありまして、
呑んだ気がしなかったのであります。
1月26日(土)
(10日目/残り21日)

本日は朝から、NPOのHPを修正。やっつけ仕事ながら、サイトから賛助会員募集のページまでたどり着けるように。かみさんから、賛助会費募集の名前を書いてもらう前段階として、私の想いを一枚でわかりやすく説明せよとの厳命が下り
それなりに提出したところ

ぼろくそにけなされて、けちょんけちょん

いや、わたしデザイナーではなくて
百姓なんですけど

かみさんはバブリーな時代を、大日本印刷で過ごしておりますので
印刷物に対し
一言どころか、百言くらい続きそうだった・・ので
午後から地域の若手で組織する研究会の剪定講習会があったので
ほっとする。

畑にいるとほっとするのは良い事ではないな。

その後帰ってきた私に残っていたチラシのひな形を
私が残りを書き込んで、ちょこっとレイアウトを変えて
まあ形ができたなあと思ったところで

ぼろくそにけなされて、けちょんけちょん

勝手にレイアウトを変えたのが逆鱗に触れました

デザイナーの意見
もとい(かみさんのいけん)は逆らわない事です。

で仕上がったのがこんなです

今夜は、この農業研究会の総会がありまして、
呑んだ気がしなかったのであります。

30日で3000万円資金調達(9日目)

1月25日(金)
(9日目/残り22日)
*********************
こちらの記事はFacebookのイベントページの内容を一部転載したものです
http://www.facebook.com/events/313343532110600/

キャンペーン期間中に、ぜひ私のNPOへの支援をお願いします
*********************


本日は朝、スタッフミーティング。今回のキャンペーンに
みんなで取り組んでほしい旨をお願い。

午前中にメールのやり取りと、山積みの文章を片付けて

あと、マスコミ各社に、NPOのファンドレイジング活動の
取材をお願いする文章をFAXで流してもらう。

あっという間に午前中が過ぎていく。
時間を見つけて畑に足を運ぶが、あんまり進みませんでした。

午後は南アルプス市の総合特区プロジェクトの交流定住部会の会合
3月にまとめるプロジェクトのまとめとして提示する
部会の方向性を審議、なかなか綺麗にまとまってきたけれど
新しい事業は、会議の資料ではなく、どのように人が動いて事業が進むかの
ほうが大切だから、これからの1年間の動きが楽しみ

来年度もすでにいろいろな仕事が待っている。
とはいえ
果樹園もおろそかにできないのだ。

市役所の帰りにまでい牧場に立ち寄る。
富士山を遠くにのぞむ丘の上

スタッフとボランティアが創り上げた空間

「ここにいるよ」
今日も牛たちは、清水君が運んできた藁を、我先にがっつく

夕方加工場に戻ると、農場スタッフ平野さんがチラシを持って
「明日から福島に行ってきます。」
名刺と、賛助会員募集チラシを持ちながら、福島での集会に参加してくる
彼自身も、茨城で新規就農しながら、津波被害に遭い、NPOにやってきた
被災者の一人だ。去年秋に、うちから独立して合同会社を設立、南アルプスで
あらたな農業法人を立ち上げた。

持参したチラシは、
「宇都宮 健児さん 学習会」
総選挙後の脱原発・憲法擁護の展望を語る。
2月2日(土)13:30-16:30
甲府市小瀬武道館 1F会議室にて、
資料代 500円とのこと

次が
「つながろうフクシマ!なくそう原発!2・24講演会」
フクシマ あの日、いま、これから
と題し、飯舘村の酪農家 長谷川健一さんが山梨にやって来る。

2月24日(日)13:30-16:30
甲府市県立国際交流センター 1F大会議室にて
資料代 500円(高校生以下無料)とのこと

そいで最期が
「よっちゃばれ〜!!さよなら原発まつり」
3月9日(土)11:00−16:30
甲府駅北口広場にてフリマ、パフォーマンス、パレードなど
うちのNPOも出店予定

山梨の多くの方も、こうして今も動いている。

明日は青山のマルシェ、ここでも今回はチラシを配ってもらう予定
スタッフの岩切さんが遅くまで準備、
岩崎けんいちさんの「福ちゃんと島ちゃんの唄」のCDをかけるみたい
どうかな

私は、週末に向けお客様向けのメール案内作りに、
小野洋蘭果樹園のさくらんぼ狩りのお客さんのメールアドレスを
整理していたら、こんな時間に、
あんまり夜更かしするとお肌に悪いので今日はこの辺で
1月25日(金)
(9日目/残り22日)
というか、日付け変っちゃいましたね

本日は朝、スタッフミーティング。今回のキャンペーンに
みんなで取り組んでほしい旨をお願い。

午前中にメールのやり取りと、山積みの文章を片付けて

あと、マスコミ各社に、NPOのファンドレイジング活動の
取材をお願いする文章をFAXで流してもらう。

あっという間に午前中が過ぎていく。
時間を見つけて畑に足を運ぶが、あんまり進みませんでした。

午後は南アルプス市の総合特区プロジェクトの交流定住部会の会合
3月にまとめるプロジェクトのまとめとして提示する
部会の方向性を審議、なかなか綺麗にまとまってきたけれど
新しい事業は、会議の資料ではなく、どのように人が動いて事業が進むかの
ほうが大切だから、これからの1年間の動きが楽しみ

来年度もすでにいろいろな仕事が待っている。
とはいえ
果樹園もおろそかにできないのだ。

市役所の帰りにまでい牧場に立ち寄る。
富士山を遠くにのぞむ丘の上

スタッフとボランティアが創り上げた空間

「ここにいるよ」
今日も牛たちは、清水君が運んできた藁を、我先にがっつく

夕方加工場に戻ると、農場スタッフ平野さんがチラシを持って
「明日から福島に行ってきます。」
名刺と、賛助会員募集チラシを持ちながら、福島での集会に参加してくる
彼自身も、茨城で新規就農しながら、津波被害に遭い、NPOにやってきた
被災者の一人だ。去年秋に、うちから独立して合同会社を設立、南アルプスで
あらたな農業法人を立ち上げた。

持参したチラシは、
「宇都宮 健児さん 学習会」
総選挙後の脱原発・憲法擁護の展望を語る。
2月2日(土)13:30-16:30
甲府市小瀬武道館 1F会議室にて、
資料代 500円とのこと

次が
「つながろうフクシマ!なくそう原発!2・24講演会」
フクシマ あの日、いま、これから
と題し、飯舘村の酪農家 長谷川健一さんが山梨にやって来る。

2月24日(日)13:30-16:30
甲府市県立国際交流センター 1F大会議室にて
資料代 500円(高校生以下無料)とのこと

そいで最期が
「よっちゃばれ〜!!さよなら原発まつり」
3月9日(土)11:00−16:30
甲府駅北口広場にてフリマ、パフォーマンス、パレードなど
うちのNPOも出店予定

山梨の多くの方も、こうして今も動いている。

明日は青山のマルシェ、ここでも今回はチラシを配ってもらう予定
スタッフの岩切さんが遅くまで準備、
岩崎けんいちさんの「福ちゃんと島ちゃんの唄」のCDをかけるみたい
どうかな

私は、週末に向けお客様向けのメール案内作りに、
小野洋蘭果樹園のさくらんぼ狩りのお客さんのメールアドレスを
整理していたら、こんな時間に、
あんまり夜更かしするとお肌に悪いので今日はこの辺で
山梨のさくらんぼ狩り
さくらんぼ狩りロゴ
さくらんぼ狩りのご予約は
小野洋蘭果樹園さくらんぼ狩り
書いているのは
イベント開催中!
messageleaf
いまはこんなだよ
tankentai

山梨食育探検隊

毎月2回、いろいろな体験イベントやってます

参加者募集中!

こんどはどんな探検がまっているかな


バナー(長方形)
このサイトのキーワード
  • ライブドアブログ